アゼライク酸クリームの効果とは

アゼライク酸は、穀物や酵母などに含まれている天然成分です。飽和ジカルボン酸の一種であり、化学式はC9H16O4です。
アゼライク酸は、ニキビ菌の殺菌・皮脂抑制・しみなどの色素沈着防止などに効果があると言われています。そのため、ニキビ用医薬品や女性用の化粧品などに配合されていることが多い成分です。
また、近年では、育毛にも効果があることがわかってきました。1998年に行われた臨床実験で、アゼライク酸と亜鉛によって「5αリダクターゼ」という成分を90%ほど抑制できること発見されました。「5αリダクターゼ」は男性型脱毛症(AGA)の主な原因物質の「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成にかかわる物質です。そのため、アゼライク酸は、薄毛の進行を抑制することができるとされています。5αリダクターゼはI型とII型に分類することができますが、アゼライク酸は特にI型を抑制する効果が高いです。薄毛治療に効果がある「プロペシア」の主成分である「フィナステリド」も5αリダクターゼを抑制する働きがありますが、II型のみに作用するとされています。このことから、フィナステリドとアゼライク酸を組み合わせて使うことで、非常に効果的な薄毛治療をすることができます。
アゼライク酸の使用で生じる大きな副作用はないとされています。そのため、安心して使用をすることができます。小さな副作用として、この成分を含むクリームを塗ったときに、一時的に発熱を感じることがあります。しかし、その発熱は数十分以内にはおさまることが多いので、安心できます。かゆみを感じる、頭皮が赤くなる、乾燥するなどの症状を感じる人もいるようですが、すぐにおさまることが多いようです。
▼美白するならこれ!
ハイドロキノン
▼美容のことならこちら
ひげ脱毛
▼もう悩まない!これで解決!
アダフェリン